Adobe After Effects ユーザーのための支援ファイルセット

QE

QE+ Blog
Quick Effects plusの開発者がお届けするAfter Effectsに関するBlogです

AE日本語版→英語版にスイッチ(Ver.6以降〜)

ある仕事で英語版で作成されたAEファイルを開く機会があった。通常の日本語版で開くと、プロパティ名称の一部でエクスプレッションエラーが出た。
英語記述を日本語版のプロパティ名称にならって記述し直せばクリアできるが、面倒くさいので英語版にスイッチして開くことにした。

AEはバージョン6以降からマルチ言語に対応していたと記憶する。
英語版にスイッチして開くと思い通りエラーのない描画で開けた。ちなみに各国語版へスイッチする手順は以下の通り。

● After Effects CS3 日本語版を英語版で起動(Macintosh)
▼ STEP 01
Finder上でインストールした「Adobe After Effects CS3」フォルダ内にあるアプリケーション「Adobe After Effects CS3」のアイコンを選択して、[ファイル]メニュー→[情報を見る]を選択する。
STEP01
▼ STEP 02
["Adobe After Effects CS3の情報"]ダイアログ内の[言語]内に各国の言語とチェックボックスが初期設定ではすべて選択されている。英語を除き他のチェックボックスすべて外す。
設定は以上。閉じて後はダブルクリックで起動、これだけです。
STEP02

当然、日本語版に戻す時は日本語のチェックボックス箇所を入れて起動すれば元に戻る。この方法はAEに限らずPhotoshopやIllustratorなど、他のアドビアプリでも同様に各国語版へのスイッチが可能なはずである。

上記はMacの方法だが、Winはもっと簡単。というかAdobe After Effects CS3フォルダ→Languagesフォルダ内に英語版のエイリアスがあってそれから起動すると英語版で立ち上がる。
例)C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CS3\Languages\Adobe After Effects E

IMAGE PHOTO

さて、同じことをCS4(Mac版)でも試してみたが、何とここでトラブった。
英語のインターフェイスで立ち上がった後にUnicodeのエラーが発生。メニュー操作やショートカット操作の度に、このアラートが表示され身動きがとれない状況に陥った。

IMAGE PHOTO

ん〜。これはうちの環境によるものか、今のところは不明。強制終了で一旦落として元の日本語版に戻し、現在調査中。。。です。
決定的な理由が見つかったら後日、報告します。謎?)


日時: 2009年05月26日 04:41