Adobe After Effects ユーザーのための支援ファイルセット

QE

QE+ Blog
Quick Effects plusの開発者がお届けするAfter Effectsに関するBlogです

ライブPhotoshop 3Dデータ作成の探究(Ps CS3編)

次期バージョンAE CS4の新機能で私が一番注目しているのは[ライブPhotoshop 3D]オブジェクトをAE内で扱えるようになることだ。
CS3からPhotoshopの上位パッケージExtendedで、3Dモデリングデータのインポートやその編集を可能にしているが、CS4でいち早く活用するためにも、Photoshop CS3 Extendedの3Dデータのハンドリングを予習しておきたい。ということでPhotoshopの話です。

AE CS3はこのデータの連携業がなかったことに加え、その使い勝手であまり気にかけていなかったが、CS4では同データを3次元でアニメートできるとなれば、がぜん探究心が湧いてくる。

3Dモデリングの部分は3Dアプリで作成する訳だが、私のところではPhotoshopでサポートしている、U3D、3DS、OBJ、KMZ などの 3Dファイル形式を直接作成できる環境はない。なので、他のアプリケーションを介して3DS、OBJ形式の出力しかできないことから完全な検証とは言えないが、その実力は果たして。。

まずは、データがどこまで再現されるのか試してみる。

IMAGE PHOTO
私の環境では3D Studio形式のみ、オブジェクト単位に単色の塗りとカメラ設定まで含まれて再現することが確認できたが、照明設定ではどちらも再現性は低かった。また、実際の3Dソフトでは前面とそれ以外のオブジェクトは別になっているのだが、個別にマッピングされている場合に限ってPhotoshopではテクスチャレイヤーで2オブジェクトとして認識される。ただしマッピング表示までは再現はされてはいない。

さて、ここまではある程度予測の範囲内だが、要はPhotoshopでどこまでディテールアップできるかどうかである。

IMAGE PHOTO
マッピンングはテクスチャレイヤーをダブルクリックするとPhotoshop上で新規テクスチャの作成や編集ができるようになるのだが、画像データなど色々マッピングを試行錯誤してみた結果、質感を決めるスペキュラや凹凸のバンプ、映り込みといった高度なマッピング表現は、Photoshop CS3 Extendedでは無理なようだ。オブジェクトにもよるが、ラベルやステッカーといったグラフィック以外の質感を向上させる要素としては、シンプルなグラデーションの表現が関の山だろうか。

オブジェクトやカメラの位置は自由にコントロールできるものの、照明効果の編集はできない。また、3Dソフトならフラットや立方体、円柱、球体といったマッピング方法を選択できるのだが、Photoshopでは選択肢がない上に、どのようにマッピングされているのかも残念ながら特定すらできなかった。

Photoshopはとても好きなツールのひとつだが、CS3のこの3D機能に限って言えばとても不満が残る。再現性は百歩譲っても、せめてPhotoshopでリカバーできるだけの機能は備えてほしい。作る3Dソフトとの相性や作り方、出力形式の受け渡しなど、不都合箇所をユーザーが特定してゆくのはとても時間がかかるので、最後のPhotoshopでうまく調整できるようになることを強く望みたい。

AE上で[ライブPhotoshop 3D]オブジェクトを扱う場合は十分満足するデータになっている必要があるので、Photoshop CS4 Extendedの担う役割は大きいと思っている。また、どの程度改善、向上しているのかも含め、CS4でこのテーマは引き続き検証してゆきたい。


日時: 2008年11月25日 03:32