Adobe After Effects ユーザーのための支援ファイルセット

QE

QE+ Blog
Quick Effects plusの開発者がお届けするAfter Effectsに関するBlogです

ショートカットキーを変更して快適なAEチューン(CS3編)

公式にお勧めできることではないと思うが、AEは自分の環境に合わせてショートカットキーを変更することができる。
私の場合はノートPCでAE作業をすることも多く、どうしてもショートカットを変更たい理由があった。そう、ノートPCのキーボードにはテンキーが存在しないので使用頻度の多いRAMプレビューの本来のショートカットキーであるテンキーの【0】キーを叩けないのである。

早速、手順に入る前に変更したいショートカットキーが他のキーとぶつからないよう事前にチェックしておくことをお勧めする。AEは特にショートカットの多いアプリで想定できる組み合わせはほとんど既に設定されていると思われる。ただし複雑すぎる組み合わせにすると逆に快適操作ではなくなってしまうので、どうしも使用したい組み合わせのキーが他とぶつかるのであれば、一方のショートカットを無効にしてクリアするとよい。

ここではMac版 After Effects CS3のRAMプレビューのショートカットを【Option】+【Space】キーに変更する手順で紹介する。バージョンによってファイルのディレクトリ位置が若干違います。

▼ STEP 01
Mac版は、ハードディスク名\ユーザ\ユーザー名\ライブラリ\Preferences\Adobe\After Effects\8.0\Adobe After Effects 8.0 ショートカット のあるフォルダを開く。
Win版は、C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Adobe\After Effects\Adobe After Effects 8.0 ショートカット.txt が隠しファイルとして存在する。正しいファイル名を入力して検索すると手っ取り早く見つかる。
STEP01
万一の場合に備えて変更前のオリジナルファイルをコピーしてバックアップしておく。保険は大事です。元のファイルを開きます。
STEP01-2
▼ STEP 02
「Adobe After Effects 8.0 ショートカット」ファイルはテキストエディタで開ける。テキストエディタの検索機能を使って"Preview"と入力して検索。見つけたこの"Preview"という項目がRAMプレビューに該当する。
STEP02
▼ STEP 03
"Preview" = "(Pad0)(PadInsert)"を"Preview" = "(Option+Space)"と直接書き換えてファイルを保存する。Windows版では、"Preview" = "(Alt+Space)"となる。これで起動後のCS3は変更したショートカットが使用できるようになります。エクセレント!
STEP03

キーの表記はファイル前半の方に# ○○○と記載されているのに合わせ、組み合わせる際は+を使う。テンキーを使用する場合は"(Pad○)(PadInsert)"とセットの記載が必要のようだ。現状のショートカットキーを無効にする場合は、"()"とキー表記を消しておけばよい。パネル単位にカテゴリが仕切られていて、ショートカットキーなどからその機能がおおよそ理解できる。
ただし、該当する機能がこのファイル表記から判断しにくく、変更に不安がある場合は、便利なスクリプトツールもあるので紹介しよう。

●Additional Scripts for After Effects CS3を使用した簡単設定
▼ STEP 01
こちらからAdditional Scripts for After Effects CS3をダウンロードする。ダウンロードにはAdobe ID(米サイト)が必要になるので、エントリーのないユーザーは必要事項を記入してサインアップしたらダウンロードができる。
STEP01
▼ STEP 02
ダウンロードしたスクリプトフォルダをAdobe After Effects CS3フォルダ内のScriptフォルダに入れてからAEを起動。[環境設定]→[一般設定]で「スクリプトによるファイルへの書き込みとネットワークへのアクセス許可」にチェックを入れる。
STEP02
▼ STEP 03
次に[ファイル]メニュー→[スクリプト]→[KeyEd Up.jsx]を選択すると以下の設定ダイアログが起動する。
STEP02-2
▼ STEP 04
目的の機能が分かりやすくカテゴライズされているので簡単に見つけることができる。機能を選択して現状のショートカットを変更したいキーの組み合わせに設定し、Update ShortcutすればAEの再起動で使用できるようになる。すばらしい〜。
STEP03

Macのノートは【F1】~【F12】キーなどがシステムキーとかぶってしまうので、このように英語版やJIS、デスクトップやノート、といったキーボードの違いも柔軟に対応できるショートカットの仕組みはよろこばしい限りだ。


日時: 2008年09月11日 08:51