Adobe After Effects ユーザーのための支援ファイルセット

QE

QE+ Blog
Quick Effects plusの開発者がお届けするAfter Effectsに関するBlogです

マテリアルオプション:質感カタログ (After Effects CS6編)

After Effects CS6からサポートされた[レイトレース3D]描画に伴いこれまでは不可能だったメタリックやガラスといったインパクトのある質感表現が可能になりました。質感設定はプロパティが大幅に増えたマテリアルオプションで行います。
このマテリアルオプションに追加されたプロパティ項目を見てみると。。CS5以前のプロパティ名称を踏襲した日本語ローカライズになっているせいか、パッと見何がどう機能するやら理解しがたいというのが本音です。

そこで今回は大幅に進化したものの、理解しづらい質感設定のマテリアルオプションを個人な見解で噛み砕いてご紹介したいと思います。

まずは、分かりやすい作画を用意します。 《 レイヤー構成と初期設定表示 》

SCREEN

ここでは(上図)のように[フラクタルノイズ]エフェクトに色を付けた床と後ろの壁、天井の3つの3D平面レイヤーで構成した空間にシェイプレイヤーを押し出した3つのオブジェクトを重ねるように配置して真ん中の円柱オブジェクト「Target」の質感だけを変更してシミュレートしました。
また、クオリティ品質を左右する[レイトレース画質]はデフォルトの[3]から[5]へと上げています。

SCREEN

では上から順に見てゆきます。

▼[マテリアルオプション]
[アンビエント]…アンビエントライトの影響率。アンビエントライトがなければ[0%]も[100%]も同じ。
[拡散]…受ける光の明るさ。[0%]はレイヤーカラーより暗く、[50%]でレイヤーカラー、[100%]はレイヤーカラーより明るくなる。
[鏡面強度]…ハイライトの濃度。[100%]ほど白く、下がるほど薄れる。
[鏡面光沢]…ハイライトの広さ。[100%]ほど小さく、下がるほど広ろがる。
[金属]…レイヤーカラーがハイライトカラーに与える影響。[100%]はハイライトカラーがレイヤーカラーと同じになる。[0%]はハイライトカラーはライトカラーと同じになる。
[反射強度]…映り込みの強さ。360°の3D環境をオブジェクトに反映する。
[反射シャープネス]…映り込みの鮮明さ。[100%]で完全にくすみない状態。
[反射ロールオフ]…映り込みとレイヤーカラーのバランス。[100%]はレイヤーカラーが反映されない鏡状態。
[透明度]…まんまです。透明度。
[透明度ロールオフ]…設定透明度と陰影のバランス。[0%]は陰影が反映されない状態。
[屈折率]…透明度が設定された時、オブジェクト内で背景が屈折する値。[1.0]は屈折しない値。[1.0]以上で屈折が効く。

と、まぁこんな感じでしょうか。
これらプロパティの理解を踏まえて、レイトレースならではの7種類の代表的な質感に挑戦してみました。好みで振り幅が考えられるプロパティは追記しています。 ▼ ゴールド

SCREEN
▼ シルバー

SCREEN
ゴールドとは設定カラーの違いだけで、マテリアルオプションの各プロパティはすべて同じです。 ▼ クロム

SCREEN
▼ ガラス

SCREEN
▼ ミラー

SCREEN
▼ 鏡面プラスチック

SCREEN
映り込みの[反射強度]はお好みで5〜15%間が目安。 ▼ 半透明プラスチック

SCREEN
くすんだ映り込み具合はお好みで。

やはり透明や屈折、映り込みなどが入るガラスの質感が描画に一番時間がかかるでしょうか。 HDサイズのアニメーションとなるとGPUが効いたレンダリングのできない環境下ではそれなりの覚悟が必要になってきますね。

まぁ作業環境はさておき、個人的には大いに歓迎すべき機能である反面、これまでのAfter Effectsにない3Dスキルが必要になるかもしれません。
これまではアクティブカメラに映るものだけを気にしていれば良かった訳ですが、質感表現を重視すると360°の3D環境に気を配る必要がありそうです。

その360°の3D環境を補助してくれるのがこれまたCS6でサポートする環境マップなるものです。CS6は覚える事が盛りだくさんすな!
次回はその環境レイヤーをピックアップしてみますか。


日時: 2012年06月21日 05:14 | パーマリンク

After Effects CS6 エクセレント!

IMAGE PHOTO
ご無沙汰しております。
皆さんご存知でしょー。After Effects CS6がリリースされました。祝!
このCS6ですが、かなりエクセレントな出来栄えで、紹介せずにはいられません。

個人的に嬉しいのは3Dの押し出し機能です。
ただ押し出せるものはテキスト&シェイプレイヤーに限定されとります。Illustratorなどのベクターレイヤーの場合はCS6から搭載された[ベクトルレイヤーからシェイプを作成]を使えばシェイプレイヤーに変換できます。でそれから押し出すってな運びです。
で、この機能を使うには必然的にレイトレース3D描画を選択せねば使えません。

IMAGE PHOTO

赤枠のところで切り替えできます。で、ライトを加えなければ、

IMAGE PHOTO

このようなグラフィカルな描画になります。
これでもなかなかいい感じですが、ライトレイヤーを加えるとレイトレース描画を堪能できます。床の映り込みなんかも出来て、これはもはや半分3Dソフトです。

IMAGE PHOTO

ベベルなども付けられるのでTVタイトルなんかAEだけで作れちゃいますね。
ビューポイントもフロントやトップから押し出し描画で編集できるので便利です。

IMAGE PHOTO

また、見て下さい。このマテリアル設定項目の増えたこと。。

IMAGE PHOTO

ただ、このレイトレース描画ですが、結構重いっす。
まぁそりゃ3Dソフトでいうレイトレースレンダリングを数値変更の都度描画すれば重く感じない訳ないすね。

このCS6を手にした時、これまでのAEマシンスペックの優先順位が変わった気がしましたね。 CS5まで私は以下の順で考えてました。
 1. CPU
 2. メモリ
 3. グラフィック(GPU)
 4. 高速HDD

ところが、CS6以降は
 1. CPU
 2. グラフィック(GPU)
 3. メモリ ↓
 4. 高速HDD

という見解です。

ある意味3Dソフトと同じですね。もちろんメモリはCPUの個数が増える程必要になるのでRAMプレビューも含め、今でも大事なファクターではありますが、レンダリング速度や編集速度を直接速くする体感の重要度は相当高くなるはずです。
既にGPUパワーのパフォーマンス「Adobe Mercury Playback Engine」をPremiere Proで見せつけられているので、こちらの相乗効果もかなり高くなりましたね。Adobe奨励の高価なNVIDIAグラボで作業環境が随分変わると考えます。推測の域なのでこちらは是非、奨励環境下でリポートしたい内容です。

ただ、iMac愛好家の私としては、GPUは痛い部分です。CS6搭載機ではこのようにGPUは機能してないよ。表示になります。

IMAGE PHOTO

ん〜しばらくは我慢しますか。

さて、その他の新機能
グローバルパフォーマンスキャッシュや
3Dカメラトラッカーもここでは取り上げませんが、すばらしい出来栄えです。
エクセレント!!
このCS6へのアップグレードは抜きに出てもはや、必修というより義務です。 CS5と6で、できることがこんなに違うか!って話になりますから。
これまでにないお勧めバージョンです。1本ご検討ください。

Check it. (Adobe After Effects サイト)


日時: 2012年05月11日 10:26 | パーマリンク

ソフトバンク「Ultra Speed」通信制限超え!体感レポート

IMAGE PHOTO

 体調を崩しておりましたため、ブログの更新が随分遠ざかっておりました。
この間、仕事上の都合でありますが、モバイル環境で対応するような場面が多々あったため、改めて新調したモバイル環境から有益な情報をピックアップすべく今回は「ソフトバンクUltra Speed」なる通信サービスをザクっと斬ってみました。

新調したモバイル環境は今年(2011年)7月半ば辺りに購入した「MacBook Pro 13インチ: 2.8 GHz」と「ソフトバンクUltra Speed」の通信サービスに伴い「Ultra WiFi SoftBank 007Z」といった機器内容です。

ノートPCの方は始めて手にしたコンパクトな13インチが新鮮で、2.8GHzデュアルコアIntel Core i7 CPUも案外遅くはないと好印象です。標準搭載の750G/5400 rpmハードディスクをSSD化させたいと現在検討中です。

で、肝心の「ソフトバンクUltra Speed」の通信サービス。。

改めてサービス内容の多くは語りませんが、下り最大42Mbps、上り最大5.7Mbpsの高速データ通信を提供するもの。
同サービスの対抗馬には「WiMax」なる格段に有利なサービスを提供する対局がある訳ですが、何故ソフトバンク!?になったかと言えば、、
単純。明快。私のモバイル環境エリアは「WiMax」の提供エリアから外れてしまっているためです。

ただこのUltra Speed、所有するiPhoneでWi-Fiのスピードテストを実行してみると、僻地であるにも関わらず、以下のようなすばらしい速度をたたき出します。

IMAGE PHOTO

エリアの広さはもちろん大事なのですが、この「ソフトバンクUltra Speed」最大のネックは(ご存知の方も多いでしょう。)次のような通信制限を設けているというこの1点に尽きます。

>> 前々月の月間パケット通信量が3000万パケットを越えた場合、当月1ヶ月通信速度を制限する場合がある <<

そう、おしおきに速度規制を歌っています。

「データし放題フラット」というプランのネーミングを付けておきながら、し放題(使い過ぎ)してしまうと
「こらーっ!使い過ぎだろぉ!翌々月から遅くすっかんな覚悟しなっ!」
という使い放題のサービスってそもそもオカしいと思いません?
また、この通信制限を真に受けてわざわざ速度が遅いSubエリア帯を中心に使用したのでは、Ultra Speedの意味が全くありません。

なので私の場合は、そんな制限を一切無視してMainエリア帯を使いたい放題に使っています。仕事上、動画のやり取りをモバイル環境で行うと上限通信量3,000万パケットなどは簡単に達しているはずです。

制限を超えてしまうと翌々月から速度規制を受ける御触書。
私は8月からの契約なので、10月以降は制裁を受け続けていることになります。

そう体感としては遅く感じる時と通常速度が 2 : 8 位の割合でしょうか。
不満爆発!というレベルではありませんかね。今のところ。
近所のソフトバンクショップで具体的なおしおき内容を聞いた所、
「パケット通信が込み合う時間帯には速度規制の対象になるようです。」と回答。
地域によって込み合う時間帯は違うでしょうし、私のケースが他のUltra Speedユーザーと同じとも言えませんしね。
ひとつのサンプルケースとお考え下さい。
ただまぁ、遅い時は全く表示しない時もあるので、そんな時は時間を空けてから使うようにしています。

しばりの2年間、この体感ではたして乗り切れるのか!?

※追記です。2012/1/20 現在、
遅く感じる比率が急激に上回ってきました。体感で8:2 か、ほぼ終日という雲行きです。もちろん遅いながらも繋がってはいるので何とか役割を果たしているものの。。ウルトラロー速回線になっとります。やばいす。


日時: 2011年12月01日 05:52 | パーマリンク

After Effects CS5.5 リリース!
CS5ユーザーのみおあずけ!?

5/20日、Adobe After Effects CS5.5がリリースされました。
CS4以前〜ver.7ユーザー向けアップグレード版の販売も開始される一方、一番近いお得様、CS5ユーザーのためのアップグレード版のみ不都合があって若干、延期される模様。(1〜2週間ほどとAdobeサイトにて)
そんな私もおあずけを食らってます。

※5/30 追記:油断してたらCS5 to CS5.5 アップグレード始まっていました。


日時: 2011年05月21日 01:58 | パーマリンク

スキャンラインドットモーション・Download FREE!!

前回、奮闘したドットモーション(スキャンライン風)の構造は後々よく考えてみたらナンセンスな作りだったと反省する箇所があります。
それはドットが列の端に到達、折り返すそれぞれの値を手動でキーフレーム設定していた点です。ドット幅が決まっていれば、列幅(スキャン幅)を割る事で自ずと折り返す値も分かることじゃありませんか。何でこの部分を自動化する構造で考えなかったのでしょう。
いやぁ〜全くもってお恥ずかしい。(いつも作った後で気づくありさま)

そこで、任意のスキャンエリアを設定するとドットのスキャンラインモーションを自動で実行できて、タイトルエフェクトとしても転用できるよう改善したAEテンプレートに仕上げてみました。こんな具合であります。

play button
構造はスキャンエリアの設定、ドットのサイズ指定と動きのタイミングを調整するだけのシンプル操作、ドットは5個までサイズ調整できます。
この今回作成しましたAfter Effectsプロジェクトファイル(CS3以降〜対応)をダウンロードフリーで提供しておりますので、よろしければご活用くださいませ。

IMAGE PHOTO

※5/17 追記:Windows AEにて発生するエクスプレッションエラーを確認>解決>再アップ済みです。文字コードによるOS互換不都合でございました。Winユーザー様にはご迷惑おかけしました。また、貴重な情報ありがとうございます。

で、簡単な操作方法の説明だけ記載しておきます。

基本的に本サイトで販売いたしております「Title Effects series」と同じ仕組みとなります。テンプレートとなるAEファイルを開き→タイトルの入れ替え、配置は『TITLE comp』コンポ内で、レンダリングとタイミング調整は『FINAL comp』コンポジションで行います。
その他の要点は以下の通りです。
ダウンロードしたAEファイルを開いてご確認ください。

▼ STEP 01
● スキャンエリアの設定

『TITLE comp』タイムラインを開き、入れ替えたいタイトルを配置します。 コンポジションサイズに応じてタイトル位置(レイアウト)は自由に変更して構いません。
次にスキャンエリアを設定します。
『TITLE comp』タイムライン内、レイヤー6「scaning area null」のヌルオブジェクトを選択、入れ替えたタイトル位置に合わせて上下左右にある中央のポイントをドラッグしながらタイトルを囲むように調整します。これでスキャンエリアが自動的に設定されます。
STEP01
画面全体をスキャンエリアに設定したい場合、
初期設定のコンポジションサイズ(HD 1920 x 1080)ならレイヤー6「scaning area null」の"スケール"プロパティを[1920, 1080%]とします。
STEP01

▼ STEP 02
● ドットサイズの設定

最初に現在の時間インジケータを00:00:00:00に合わせます。すると左上に5つのドットが整列して表示されるので分かりやすく確認できます。
『TITLE comp』タイムライン内、レイヤー6「DOT-1 size null」からレイヤー1「DOT-5 size null」までの5つの各レイヤーに適用している[scale]エフェクト(スライダー制御)で任意のドットサイズを設定します。
例えば、scale値を"15"と入力すると記述されたエクスプレッションによって200倍された"3000"と表示されます。
最小サイズの設定は"0"で4 pixels 四方のドットとなります。
STEP02
▼ STEP 03
● タイミングの調整

『FINAL comp』タイムライン内、レイヤー7「Scaning DOT-1 TITLE」からレイヤー3「Scaning DOT-1 TITLE」までの5つの各レイヤー位置(時間)や各レイヤーに設定している"タイムリマップ"のキーフレーム位置(時間)を自由に移動して設定します。
"タイムリマップ"に設定されている2つのキーフレーム値はスキャンエリアの開始から終了に自動で調整されるので値の設定は不要です。

最後の「flash light」レイヤーに適用している[レンズフレア]の光の表現や「TITLE comp」レイヤーの[グロー]は付け合わせのアクセントなので、キーフレームのタイミング調整や有無はご自由に。。。
STEP03

と、ここまでが基本設定となります。
さらなるエフェクトの微調整は以下の通りです。

▼ STEP 04
● メインの緑ドットの[エコー]エフェクト調整

『Scaning DOT-1 TITLE』タイムラインならレイヤー2「Scaning DOT-1 motion」(コンポジション別ドットの相番名称)に適用している[エコー]エフェクトで調整します。
この中の"エコーの数"プロパティ値には以下のエクスプレッションが記述されています。
(『Scaning DOT-2 TITLE』から『Scaning DOT-5 TITLE』も同様にレイヤー2に適用。)

t=comp("Scaning DOT-1").marker.key(1).time;
Ah=comp("Scaning DOT-1").layer("scaning area null").transform.scale[1];
Dh=comp("Scaning DOT-1").layer("MAIN-DOT").height;
Ds=comp("Scaning DOT-1").layer("MAIN-DOT").transform.scale[0]/100;
t2=Ah/(Dh*Ds)*t;
 if (time > t2) {
     0;
  }else{
     20;
  }

この記述で表示されるエコーの数の値は"20"です。オレンジ部分の数値変更で値を調整できます。
STEP04
▼ STEP 05
● 各タイトルの[モザイク]/[グリッド]エフェクト調整

『Scaning DOT-1 TITLE』から『Scaning DOT-5 TITLE』タイムライン内、レイヤー3「TITLE comp」に適用している[モザイク]と[グリッド]エフェクトで調整します。
これらのエフェクトはSTEP 02で設定した任意のドットサイズに描画が合うようエクスプレッションで自動的に設定されますが、タイトルを配置した位置やサイズでモザイクとグリッドの描画がずれて表示されてしまうケースがあります。

このずれをキッチリ合わせたい几帳面な方は、エフェクトコントロールパネルから[グリッド]エフェクトのグリッドサイズの種類のプルダウンを"コーナーポイント"に変更して、アンカーとコーナーの位置をモザイクの升目に手動調整して合わせるとよいでしょう。
STEP05

ざっくりとした調整内容はこんな具合です。

このテンプレートはタイトル以外の画像でも当然有効です。スキャンエリアを全面に設定、高解像度と低解像度の静止画を併用してこの様なズームアップ表現も簡単にできます。お試しあれ。

play button


日時: 2011年05月09日 19:21 | パーマリンク