Adobe After Effects ユーザーのための支援ファイルセット

QE

QE+「Title Effects series」Ver.1.1----Adobe After Effects CS5対応サポート情報

2010年5月末に発売された、Adobe After Effects CS5では以下の仕様変更が行われました。

・一部のエフェクトプロパティ名称の変更
・PICTシーケンスの入出力の非対応

これらの仕様変更によりAfter Effects CS4対応版QE+「Title Effects series」Ver.1.1のデータをAfter Effects CS5で利用すると、収録エフェクトの一部でデッドリンク表示になったり、プロパティ名称変更によるエクスプレッションエラー(アラートダイアログ)が発生します。


[スライダ制御]エフェクトと"スライダ"プロパティ名が、[スライダー制御]と"スライダー"に変更されたことにより関連する収録エフェクトでエクスプレッションエラーが発生します

対象となるエフェクトファイルを開くと、下記のようなエラーダイアログが表示されます。

エラーダイアログ

対処方法

このアラートマークアラートのエクスプレッション記述を以下の要領で変更する必要があります。

(現状設定例)
comp("FINAL comp").layer("title layer").effect("スライダ制御").param("スライダ") comp("FINAL comp").layer("title layer").effect("スライダー制御").param("スライダー") 記述変更


該当エフェクトのエラーコンポジションは以下の通りです。
付加演出/09 雲文字:『Transform comp』コンポジション内レイヤー1
付加演出/11 フライトボード:『TITLE comp』コンポジション内レイヤー1、
『TIMING comp』コンポジション内全レイヤー
その他/08 スキャニング:『SCAN-TITLE comp』コンポジション内レイヤー3

CS4まで読み込み可能なファイル形式としてサポートされていた連番PICTシーケンスがCS5では非対応になったことにより、 「付加演出/06 焼き印」の「640x480」「720x480_DV」「720x486_D1」「720x540_D1」サイズのすべての.aepファイルにてデッドリンクのエラーダイアログが表示されます

エラーダイアログ

対処方法

このデッドリンク該当ファイル:本エフェクト第一階層ディレクトリ このデッドリンク該当ファイル:本エフェクト第一階層ディレクトリ (footage)/720_large_type/plate/
(fooage)/720_large_type/shadow/
(footage)/720_small_type/plate/
(fooage)/720_small_type/shadow/

にあるすべての連番ファイルをCS4以前のバージョンで読み込み、CS5が対応する連番Photoshopシーケンスやmov形式に変換し直した後、CS5上でデッドリンクのファイル置き換えを行う必要があります。


PAGE BACK

Title Effects series